ランキングで法人カードを選ぶ

■ランキングで法人カードを選ぶ

プライベートだけでなく、ビジネスでもクレジットカードが使われることが多くなりました。
しかしビジネスでは、個人向けのクレジットカードは基本的に使えません。
事業性の支出には使ってはいけないとの規約になっているためです。
そこで持ちたいのが、法人カードです。
法人カードはビジネス用として発行されているので、事業性に使っても問題はありません。
また法人カードがあるとプライベートとビジネスの支出を分けることができるので、経理がしやすくなるメリットもあります。

法人カードはいくつか種類があり、どれを発行するべきか迷うことが多いでしょう。
法人カードは個人のクレジットカードにくらべ、情報量が少なくどう選んだら良いかわからない…という声をよく聞きます。
法人カードを選ぶさいに、参考にしたいのがランキングです。
みんながどのような法人カードを選んでいるのか、ランキングをみるとわかります。

ランキングに行く前に、法人カードの基本的な情報を確認していきましょう。

  法人カード以外を探すならこちらがおすすめです。
  クレジットカードの達人 | お得なカードを徹底調査比較 おすすめはコレだ!

・法人カードを発行できるのは
法人カードは法人代表者だけでなく、個人事業主も発行することができます。
店舗を持たない自由業でも、発行することが可能です。

・法人カードの種類
大企業向け、中小企業向け、個人事業主向けなどがあります。
どんな形態でも発行できるものもありますが、発行できる形態しか発行できないものもあります。
大企業向けの法人カードだと、個人事業主は発行できないわけです。
申込をする前に確認をしておきましょう。
大企業向けはコーポーレートカード、個人事業主向けはビジネスカードと呼ばれることもあります。

・法人カードのランク
一般カード、ゴールドカード、プラチナカードがあります。
個人向けクレジットカードはブラックカードがあり、ウワサでは最高ランクのホワイトカードがあるとも言われています。
しかし法人カードには、プラチナカードまでとなっています。
いきなりゴールドカードを発行するよりは、まずは一般カードから始めるのが良いでしょう。
じょじょにゴールドカード、プラチナカードとランクを上げていくのがおすすめです。

・法人カードの申込方法
オンラインや書類を郵送してなどの申込方法があります。
申込方法は個人のクレジットカードと変わりはありません。
ただクレジットカード会社と直接交渉をして、発行する法人カードもあります。
大企業向け法人カードや、ガソリン系法人カードなどに多くなっています。

■低年会費法人カードランキング

法人カードの年会費は有料が多く、高いと思われているようです。
確かに年会費無料の法人カードは少ないです。
しかし年会費がめちゃくちゃ高い!ということはありません。
お手ごろな年会費の法人カードも多々ありますので、それほど年会費負担が大きいとはならないでしょう。
「法人カードの年会費は高い」という概念は間違っており、比較的気軽に発行できるかと思われます。

年会費が低い法人カードランキング

ランキング1位
・ライフカードビジネス
年会費有料が多い法人カードの中で、珍しく永年年会費無料の法人カードです。
追加カードも年会費無料。
ETCカードも年会費無料、発行手数料無料です。
年会費を節約したいなら、ぴったりの法人カードでしょう。
ただポイント還元がない法人カードです。
ポイントより年会費の低さ重視ならおすすめです。

ランキング2位
・P-one Business MasterCard
実質年会費無料の法人カードとして、人気がが高い法人カードです。
年会費は初年度無料、翌年度より2,000円(税別)ですが、年に1度でもクレジットカードの利用実績があれば翌年度の年会費が無料になります。
年会費無料になる条件がゆるいので、誰でも実質年会費無料で使えるでしょう。
追加カードを5枚まで年会費無料で発行できるので、従業員に法人カードを持たせても年会費負担はありません。
ETCカードは年会費無料ですが、発行手数料1,000円が必要になります。

ランキング3位
・JCB法人カード一般
法人カードといえばJCB法人カード一般と言われるほど、ポピュラーな法人カードです。
年会費は1,250円(税別)と、個人向けのJCB一般カードと同じ金額になっています。
1,000円程度であれば金銭的な負担は大きくありませんし、年会費が気になる事業主にもおすすめです。
追加カードの年会費も1,250円(税別)、ETCカードは年会費無料、発行手数料無料です。

ランキング4位
・三井住友ビジネスクラシックカード
クレジットカードの定番、三井住友カードの法人カードです。
年会費は1,250円(税別)ですが、追加カードの年会費は400円(税別)と格安なのが特徴。
追加カードを複数枚発行しても、年会費負担を抑えることができます。
ETCカードは500円(税別)ですが、年に1度でもETCを利用すれば翌年度の年会費は無料になります。
常にETCカードを利用していれば、実質年会費無料となります。

■ポイント高還元の法人カードランキング

法人カードのポイント還元率は、0.5%が多くなっています。
個人向けクレジットカードに比べると、数字上ではポイントがたまりにくそうです。
しかし法人カードは利用金額が高くなるため、ポイントはたまりやすいです。
それでもポイント還元率が高い方が、お得であることには変わりありません。
ポイント還元率が高い法人カードを選び、ポイントをたくさんためましょう。
ポイントを出張旅費や備品購入に使えば、経費削減にもつながります。

ポイント還元率が高い法人カードランキング

ランキング1位
・楽天ビジネスカード
100円に1ポイントがたまり、ポイント還元率は1.0%ある法人カードです。
0.5%の法人カードに比べると、倍のスピードでポイントを貯められるのが魅力です。
また楽天市場や楽天サービスで利用すると、ポイントはいつでも2倍。
さらに誕生月はポイントが+1%となります。
ポイントをどんどんためられる法人カードでしょう。
楽天ビジネスカードは楽天プレミアムカードで追加発行します。
年会費は楽天プレミアムカード10,000円、楽天ビジネスカード2,000円で、合計12,000円必要となります(いずれも税別)。

ランキング2位
・P-one Business MasterCard
P-oneカードのポイント還元率は約0.4%なのですが、P-one Business MasterCardはポイントがいつでも2倍になります。
ポイント還元率は約0.8%となり、法人カードの中ではポイントを貯めやすくなっています。
またP-oneモールを経由してのインターネットショッピングは、ポイントが最大30倍となるものお得です。
P-one Business MasterCardの年会費は初年度無料、翌年度より2,000円(税別)。
ただ年に1度でもカードの利用があれば、翌年度の年会費は無料となります。

ランキング3位
EX Gold for Biz iD×QUICPay
ポイント還元率は最低でも0.6%となり、最大では1.1%にまでアップする法人カードです。
1.1%にするには年間200万円以上の利用が必要となりますが、利用金額が高い法人カードであれば無理ではない金額と言えるでしょう。
EX Gold for Biz iD×QUICPayの年会費は初年度無料、翌年度より2,000円(税別)となります。
個人事業主向けのSと法人向けのMがありますので、申込時に間違えないようにしてください。

■審査が柔軟な法人カードランキング

審査に落ちてしまうと、法人カードを発行することはできません。
法人カードの審査は、厳しいと言われることが多いです。
ビジネス用となると利用限度額が高くなりますので、貸し倒れを起こすとクレジットカード会社の損失が大きくなってしまいます。
そのため法人カードは、審査が厳し目になってしまうようです。
しかし審査に通りやすい法人カードも存在しています。

審査が柔軟な法人カードランキング

ランキング1位
・ライフカードビジネス
ライフカードビジネスは利用限度額が100万円以下の場合、決算書や所得証明書の提出が必要ありません。
つまり赤字経営であっても、発行できる可能性が高い法人カードなのです。
発行しやすい法人カードとしては、ランキング1位でしょう。
利用限度額は発行後に引き上げることができますので、審査が不安であればとりあえず100万円以下の利用限度額で申込みをするのがおすすめです。
年会費は永年年会費無料です。

ランキング2位
・アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード
アメックスは審査が厳しいのでは?!と思う人が多いでしょう。
実際審査は甘くはありません。
それでもランキング2位になっているのは、法人としても信用が低くても発行しやすい法人カードだからです。
アメックスビジネスゴールドは、経営者個人を審査し返済能力があれば審査通過ができます。
経営年数が短いなど法人カードの審査には不利になる条件があっても、審査通過できているケースが多くなっているのです。
設立間もない経営者には、一番おすすめの法人カードと言えるでしょう。
年会費は26,000円(税別)と高めですが、ステータスやサービス面を見るとそれだけの価値がある法人カードでもあります。

ランキング3位
・楽天ビジネスカード
楽天ビジネスカードは、まず楽天プレアムカードを発行し追加発行しなければなりません。
楽天プレミアムカードは楽天カードの上位クレジットカードとなりますので、審査は厳しいのではないか?と感じるでしょう。
しかし審査は柔軟で、発行しやすいクレジットカードとなっています。
口コミでも審査通過できた人が多く、審査通過率は高いと思われます。
楽天ビジネスカードの発行にも審査がありますが、こちらも柔軟になっているとのこと。
個人事業主にはおすすめの法人カードです。
年会費は楽天プレミアムカード10,000円+楽天ビジネスカード2,000円=12,000円(いずれも税別)。

■おすすめゴールド法人カードランキング

ゴールド法人カードは、一般の法人カードにはないサービスがあります。
空港ラウンジ無料利用サービスがあれば、出張時に便利です。
旅行保険などの保証金額が高くなり、持っていることで安心を得られます。
またゴールになるとステータスも高く、地位が高いということを法人カードで示すことができます。
接待時などにゴールド法人カードを使っていると、相手方の印象も良くなるのではないでしょうか。

ゴールド法人カードランキング

ランキング1位
・アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード
ゴールドカードではありますが、プラチナカード並の機能を持っている法人カードです。
ステータスも高く、どこで出しても恥ずかしくないでしょう。
空港ラウンジ無料利用のほか、手荷物無料宅配サービスなど、空港を良く利用するなら便利なサービスが多々あります。
海外出張が多いなら、あって良かったと思える場面が多いのではないでしょうか。
またアメックスビジネスゴールドは、審査が柔軟なのも特徴。
設立間もない経営者でも発行しやすいです。
経営者個人のクレヒスに問題がなければ、発行される可能性が高い法人カードです。
年会費は26,000円(税別)

ランキング2位
・オリコビジネスカードGold
空港ラウンジ無料利用、国内・海外旅行保険など、ゴールドカードとしては十分な機能を持っている法人カードです。
利用限度額も最高1,000万円と高く、高額利用もしやすくなっています。
スペックが高い法人カードなのですが、年会費が2,000円(税別)と格安なのも魅力。
この年会費でこれだけも機能がある法人カードは、他にはないとも言えるでしょう。
コストパフォーマンスが高いゴールド法人カードとして、人気が高くなっています。

ランキング3位
・EX Gold for Biz iD×QUICPay
年会費2,000円(税別)と格安のゴールド法人カードです。
ポイント還元率は0.6%~1.1%となり、法人カードの中ではポイントをためやすいです。
また比較的審査も通りやすいとされており、現在人気ナンバーワンとも言えるゴールド法人カードでしょう。
国内・海外旅行保険などの補償も充実しています。
ただゴールド法人カードなのですが、空港ラウンジ無料利用サービスの付帯はありません。
出張で空港を良く使う場合は、空港ラウンジ無料利用があるゴールド法人カードの方が良いとも言えます。
空港をあまり使わない事業主向けの法人カードでしょう。