分野別おすすめ法人カードランキング

■おすすめプラチナ法人カードランキング

法人カードの最高峰となるのが、プラチナカードです。
法人カードはその上位クラスとなるブラックカードは、現在のところ発行されていません。

プラチナカードは審査が厳しく、発行するのが難しいとされています。
クレジットカード会社からのインビテーション(招待状)がないと、発行できないものも多いです。
しかしプラチナ法人カードは、自ら申込みができるものも多いです。
欲しいと思ったら、申込みができるようになっているのです。
法人カードのクレヒスが良ければ発行しやすく、個人向けのプラチナカードより発行しやすいと言えるでしょう。

プラチナ法人カードランキング

ランキング1位
・セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード
セゾンカードとアメックスが提携発行している、プラチナ法人カードです。
年会費が20,000円とプラチナクラスとしては格安で、年間200万円以上の利用があれば翌年度より半額の10,000円にすることもできます(いずれも税別)。
ポイント還元率は0.5%ですが海外利用では1.0%になるので、海外出張が多いならお得です。
たまるポイントは永久不滅ポイントなので、有効期限を気にせずポイントをためられるのも嬉しいですね。
またセゾンマイルクラブに無料登録でき、JALマイルがたまりやすいプラチナ法人カードでもあります。

ランキング2位
・JCBプラチナ法人カード
人気のJCB法人カードの最上位クラスとなります。
年会費は30,000円(税別)で、プラチナクラスとしては一般的です。
プライオリティパスやコンシェルジュサービスなどプラチナならではの上質なサービスを受けられます。
そして有名レストランのコースを2名以上で予約をすると、1名分が無料となるグルメベネフィットがあるのが特徴です。
接待に使えば、接待費の節約にもなるでしょう。

ランキング3位
・三井住友ビジネスプラチナカード
三井住友カードのプラチナ法人カードです。
プラチナということでプライオリティパスやコンシェルジュサービスはもちろん付帯しています。
またプラチナグルメクーポンやポイントプレゼントサービスなどもあり、お得度が高い法人カードです。
国際ブランドはVISAとマスターカードが用意されており、どちらか1枚を発行する場合は50,000円、どちらも発行する場合は55,000円(いずれも税別)。
マスターカードとVISAのどちらのブランドも発行することができます。

■ETCカードを発行したい法人カードランキング

ビジネスで車両を使う場合、法人カードでETCカードを発行するのがおすすめです。
ETCカードはクレジット機能が付かないものもありますが、法人カードの方が簡単に発行することができます。
またETCの利用分でもポイントを貯めることができ、法人カードで発行した方がお得です。

ETCカードを発行するときは、年会費や発行手数料を比較しておきましょう。
年会費が発生すると、何枚もETCカードを発行すると年会費負担が大きくなります。
なるべく年会費も発行手数料も無料で、ETCカードを発行できる法人カードを選んでください。

ETCカード発行におすすめの法人カードランキング

ランキング1位
・JCB法人カード一般
JCB法人カードのETCカードは、年会費、発行手数料とも無料です。
そして一番の特徴となるのは、複数枚のETCカードを発行できることです。
1枚の法人カードに対し発行できるETCカードは1枚までということが多いのですが、JCB法人カードは1枚の法人カードに対し複数枚のETCカードが発行できるのです。
社員にETCカードだけ持たせたい、車両ごとにETCカードを使い分けたいといったときにはおすすめです。
JCB法人カード一般なら年会費1,250円(税別)で持つことができますし、ETCカードの発行には最適な法人カードでしょう。

ランキング2位
・セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード
ETCカードは年会費・発行手数料とも無料で発行できます。
追加カードは4枚まで発行でき、それぞれETCカードを1枚まで発行することができます。
セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードの年会費は20,000円(年間200万円以上のカード利用があれば翌年度は10,000円)、追加カードの年会費は3,000円(いずれも税別)。

ランキング3位
・EX Gold for Biz iD×QUICPay
ETCカードは年会費・発行手数料とも無料で発行できます。
EX Gold for Biz iD×QUICPayはポイント還元率が0.6%~1.1%になりますが、ETCの利用分でもポイントを獲得できます。
ETCカードの利用分が多ければ、それだけでポイントを貯めることもできるでしょう。
ただ発行できるETCカードの枚数は、1枚までとなっています。
複数枚発行したい場合には向きませんので、車両が少ない事業所や、個人事業主におすすめの法人カードです。

■プライオリティパス付帯の法人カードランキング

海外出張が多い法人に、おすすめなのがプライオリティパスが付帯した法人カードです。
法人カードの空港ラウンジ無料利用サービスは、国内空港が主となり海外空港は数えるほどしか対象となりません。
しかしプライオリティパスがあると、世界中の空港ラウンジを無料利用できるようになります。
世界120か国以上、850以上の空港ラウンジが使えるようになりますので、世界中を飛び回っているならあるとありがたいサービスでしょう。

プライオリティパス付帯の法人カードランキング

ランキング1位
・楽天ビジネスカード
プライオリティパスが付帯するのは、プラチナカード以上がほとんどです。
ゴールドクラスには空港ラウンジ無料利用サービスは付帯していても、プライオリティパスはほとんどありません。
しかし楽天ビジネスカードならプラチナ法人カードを発行しなくても、世界中の空港ラウンジを使えるようになります。
年会費12,000円(税別)という格安で(楽天プレミアムカード+楽天ビジネスカードの合計)、プライオリティパスが付帯するのはかなりコスパが高いと言えるでしょう。
楽天ビジネスカードならそれほど審査も厳しくないので、発行しやすくおすすめめです。

ランキング2位
・セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード
年会費は20,000円ですが、年間200万円以上の利用があれば翌年度は10,000円になります(いずれも税別)。
上手に使えば楽天ビジネスカードよりも、低年会費でプライオリティパスを使えるようになります。
海外ではポイント還元率が1.0%と国内利用時の2倍になりますので、世界中を飛び回るならお得でもあります。
セゾンマイルクラブに登録をすればJALマイルもたまりやすく、JALマイラーにもおすすめでしょう。
セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードはプラチナカードですが、自ら申込みをすることも可能です。

ランキング3位
・JCBプラチナ法人カード
日本人には使いやすいJCBカードのプラチナ法人カードです。
プライオリティパスの他、コンシェルジュサービスなども充実。
きめ細やかなサービスが売りのJCBカードですから、プラチナクラスになるとより上質なサービスを受けることができます。
年会費は30,000円。
JCB法人カード一般→JCBゴールド法人カード→JCBプラチナ法人カードと、だんだんとランクを上げていくのがおすすめです。

■高ステータス法人カードランキング

ステータスを重視し、法人カードを選びたいというケースは少なくはありません。
クレジットカードは、その人を反映するとも言われています。
ランクの低い法人カードを使っていると、「その程度の法人か…」と思われてしまう心配はあるでしょう。
商談や接待を有利に進めるためも、イメージが良い高ステータスの法人カードは必要かもしれません。

また海外ではクレジットカードが、身分証明書の代わりになることがあります。
そんなときにステータスが高い法人カードを使った方が、カッコイイですよね。

ステータスが高い法人カードランキング

ランキング1位
・ダイナースクラブビジネスカード
ステータスが高いクレジットカードブランドといえば、ダイナースクラブでしょう。
法人カードもダイナースクラブは、非常に高いステータスがあります。
審査が厳しく取得はカンタンではありませんが、発行できれば「社会的に認められた法人」となり価値はあるでしょう。
ダイナースクラブビジネスカードは年会費27,000円(税別)と高めですが、追加カードは年会費無料です。
またETCカードは年会費だけでなく発行手数料も無料。
追加カードを発行するなら、コスパが高い法人カードです。

ランキング2位
・アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード
ダイナースクラブと並び、ステータスが高いとされているのがアメックスです。
比較的審査が柔軟とされており、個人事業主や設立間もない経営者でも持ちやすい法人カードです。
キャンセルプロテクション、リターンプロテクションなど、アメックスならではのサービスがあるのも特徴です。
年会費は26,000円、追加カードは12,000円(いずれも税別)。
ETCカードは5枚まで発行できますが、年会費500円(税別)が必要になります。

ランキング3位
・セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード
法人カードの最高峰となるプラチナクラスとなるので、ステータスの高さは申し分ありません。
セゾンカードの発行ではありますが、アメックスと提携していることでさらにステータスが高く感じられます。
プライオリティパス、コンシェルジュサービスなどプラチナ法人カードならではのサービスを受けられながら、年会費が20,000円と格安なのも魅力です。
さらにクレジットカード利用が年間200万円以上になると、翌年度の年会費が半額の10,000円になり、お得度も高い高ステータス法人カードです。

■キャッシングができる法人カードランキング

法人カードはキャッシングができないものがほとんどです。
キャッシングは個人向けで、事業向けのサービスではないためです。
事業向けとなってしまうと借入金額も高くなり、貸し倒れになるリスクが高くなってしまいます。
そのため法人カードでは、キャッシングができないようになっているのです。

しかしキャッシング機能が付帯する法人カードもあります。
キャッシングは金利が高くアテにするのはおすすめしませんが、間に合わせで少額足りない…というときはあると便利です。

キャッシングができる法人カードランキング

ランキング1位
・ P-one Business MasterCard
最高300万円までのキャッシングができる法人カードです。
法人カードでは珍しく個人事業主だけでなく、法人としての契約でもキャッシング利用ができるのが大きな特徴です。
法人もキャッシングが可能というのは、 P-one Business MasterCardくらいかもしれません。
キャッシング金利は12.0%~17.95%。
年会費2,000円ですが年に1度でも利用をすれば年会費無料になり、実質年会費無料で使うことができます。
ポイント還元率は約0.8%と法人カードとしては高く、ポイントを貯めやすくお得でもあります。

ランキング2位
・EX Gold for Biz S iD×QUICPay
1万円~100万円までのキャッシング利用ができる法人カードです。
金利は80万円コースまでが18.0%、100万円コースが15.0%。
決して低い金利ではありませんが、1万円からと少額利用ができるのは便利です。
EX Gold for Biz S iD×QUICPayはゴールドクラスでありながら、年会費2,000円と格安なので人気があります。
ちなみに法人向けのEX Gold for Biz M iD×QUICPayもありますが、こちらはキャッシングはできませんので注意してください。

ランキング3位
・三井住友カードマーチャントメンバーズクラブ
三井住友カードの個人事業主向けの法人カードです。
キャッシングサービスは1万円単位で50万円まで利用することができ、ビジネス用でもプライベート用でもOKとなっています。
金利は15.0%となっており、法人カードとしてはやや低めの設定です。
海外キャッシュサービスは10万円~50万円までとなり、金利は18.0%。
海外でもキャッシングが使えると、どこでも現地通貨を引き出せるので便利です。
年会費は1,250円(税別)。