法人カードを賢く使いこなすために覚えておくべきこと

■法人カードの存在意義はどこにあるのか

法人カードを作成することが最近の流行りであるように見えますが、法人カードは作ることに意味があるのではなくその役割に大きな意味があります。皆さんはこの法人カードの大きな役割とは何かを理解されていますか。今回は言われてみれば確かにそうか、と思うような法人カードの基礎的な知識として法人カードの役割とはどのようなものかをご説明してきます。

個人事業主の方やまだ会社が出来て新しい方はどうしてもお金が公私混同したまま事業を続けていく傾向にあります。これは悪気がある場合に限らず、純粋に法人としての会計と個人としての会計を理解できていないことに起因しています。
基本的な考えとして法人は法人としてお金を管理するべきであり、個人は個人としてお金を管理するべきです。当たり前ですよね。そしてこれが公私混同してしまうと税務署から確定申告の際に指摘が入ったり会社であれば税理士や会計士に監査を依頼したときに指摘事項となってしまいます。法人カードが担う役割はここにあり、簡単に言うと個人のお金と法人のお金を完璧に区別するために使用するものなのです。極端な話、法人として使うお金は全て法人カードで決算すれば良いということです。逆にもし法人カードで個人の決算をしてしまったらその分は給料から差し引くなど徹底したお金の管理をするために本来は使われるのです。個人事業主から法人になった場合、私費と公費の境目がまだ分からないなど法人カードを利用しても混同する可能性はありますが基礎知識として法人カードは公費を明確にするために使用すると考えてください。

また法人カードを使う意味は他にもあり、それは経営に関する事務作業を簡略化するところにもあります。法人カードは公費しか精算しないということを前提としますと法人カードで支払った金額を管理するだけで会社がどの程度のお金を支払っているのかが明確になります。また法人カードのサービスとして支払った分野ごとに纏めてレポートを提供してくれる場合もあります。こういったものは経営をサポートしてくれる重要なツールであり法人カードの役割の一部であるとも考えることが出来ます。

法人カードとして決算をするのであればしっかりと使い方にルールを設ける必要があります。監査などで指摘されると時間もお金も余計にかかってしまいますので、法人カードの使い方に分からない点があれば会計士などに事前に相談しておくのも良いかもしれません。

■法人カードのポイント付与を活用しよう

法人カードだなんて堅苦しい呼び方が付いているせいで、本当にただ決算が出来るだけのクレジットカードでポイントなんてたまらないと思っている方が多いようです。とんでもありません、法人カードでもポイントは貯まるようなサービスが提供されています。仕組みとしても個人向けのクレジットカードと同じで利用金額に応じてポイントが還元されたり、ボーナスが付与されたり還元率が変わったりするのです。
ここまで言えば、「なんだ個人向けのクレジットカードと同じではないか」と思う方も居るかもしれません。ですが、少しだけ個人向けのクレジットカードとは異なる点があります。それは法人カードは個人向けのものほど還元率が優遇されていないということです。最近個人向けのクレジットカードであれば0.5%~1%、法人カードは年会費が掛かるためこれも考慮すると1.5%ほどの還元率を誇るものまで出てきています。しかしながら、法人カードは年会費が必要にも関わらず還元率としては0.5%がせいぜい上限となるなど少し物足りない部分はあります。この背景としては法人向けカードはポイントの還元に限らず付帯しているサービスが会社の需要にマッチしていれば入会してもらえるということがあるでしょう。どうしてもポイントの還元率を上げて顧客を獲得するよりかは、その還元に掛かる費用を別の特典に利用したほうが顧客満足度があがると考えているようです。

ですが、多少とは言えどもポイントが貯まっていくと会社の持ち物として処理することが出来ます。例えば会社の備品の購入に使用したり、社員の出張費用に充填するなど経費の削減には活用することが可能です。0.5%の還元率とは言えども法人のように高額決算をすればポイントは意外と貯まりますしこのポイントを活用していけば地道な経費削減にはつなげていくことが出来るでしょう。またポイントはこのように物やサービスに交換するだけではなく、直接利用料金から差し引いてくれるキャッシュバックシステムを導入している法人カードもあります。法人カードのポイントを管理するのが面倒である場合は、キャッシュバックシステムのある法人カードがあるという知識も身につけておき検討の候補に入れると良いでしょう。

法人カードの基礎知識として、ポイントが貯まるものがあるというのはまだまだ浸透していない気がしています。還元率は低くともポイントが貯まれば地道に会社へのプラスとなりますので基礎的な知識を持って活用できるものは活用してきましょう。

■年会費が高くても特典の多い法人カードに入会しよう

法人カードに入会する際に年会費は大きな判断基準となると思います。年会費格安の法人カードを使って決算をすることに特化することもあれば、年会費をそれなりに支払って区法人カードに付与されている特典を有意義に活用しようと考える人も居るでしょう。それではどのように法人カードを活用すれば年会費以上の価値を見出すことが出来るのでしょうか。今回は年会費を支払ってでも法人カードを上手く活用できるのかどうかについて考察してみたいと思います。

さて、今回年会費の高いクレジットカードとして年会費1万円から3万円程度の法人カードで提供されているサービスを考察していたいと思います。これらの価格帯に該当する法人カードを発行しているのはアメリカン・エキスプレスならゴールドカード以上、JCBのプラチナカード以上、ダイナースクラブカードなどが該当します。どのカードについてもクレジットカード業界では安定した信頼感があり法人カードとしてもその信頼感は揺らぐことがありません。

具体的な法人カードの活用の仕方として挙げられる方法はビジネスに関するサービスを活用するというものです。年会費が高額となっている法人カードでは情報収集の代行サービスが提供されていたり、ビジネスに関するセミナーへの参加が優待料金で提供されているなどこれだけでも年会費分ぐらいの価値があるのではないかと思えるものとなっています。こういったサービスの細かい点は各社とも差別化を図るために少しずつ異なっていますので積極的に活用するのであればどの法人カードを選ぶべきか基礎知識を高めていきましょう。
他には各種加盟店で法人カードの提示などによる特典を受けるという方法です。例えば提携しているホテルであれば客室のアップグレードが無料であったり、会員限定の価格で予約できたりラウンジが使えたりと実質的な還元が多く提供されています。本来は支払うべき金額との差額で年会費以上の価値を見出すという方法ですね。ホテルに限らずステータス系のクレジットカードでは飲食店と提携していることも多くあります。飲食店の場合は飲食費の割引はもちろんのこと、カードホルダー限定サービスを提供してもらえることもあります。

法人カードであっても年会費が高くなればステータス系クレジットカードとしての役割を強く果たしてくれます。しっかりと活用できるのではあれば年会費が高いからといって毛嫌いする必要もなさそうです。

■おすすめの入会したい法人カード

いつの間にか法人カードも発行されている種類が増えてきたためどれに入会すればいいのか分からなくなってきた方も多いと思います。しかも年会費に大きな差があったり審査のレベルに違いがあったりなおさら選択するのが難しい時代となってきました。法人カードに付帯されているサービスも多岐に渡りますので何が自分の会社に合っているのかも判断しづらいかもしれません。今回はそんな方のために無難にも積極的にも利用できる法人カードの入会したいおすすめをピックアップしましたのでぜひ参考にしてください。

・アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド
通常は設立から3年程度経たないと法人カードは作れないといわれている中で、設立1年にも満たない法人にもクレジットカードを発行してくれているのがこちらのアメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールドです。年会費こそ26000円と他の法人カードに比べると圧倒的な高さがあるのですが、しっかりとアメリカン・エキスプレスの高いステータス性やサービスの提供を受けることが出来る一枚です。お客様に見られても恥ずかしくない一枚ですし、付帯サービスは他社に負けないものがあります。年会費は高いですが活用すればそれよりも遥かに高い価値がありますので法人カードを活用していきたい方にはおすすめの一枚です。

・JCBゴールド法人カード
年会費面と法人カードとして付帯されているサービスのバランスを考えたときに日本で入会できるクレジットカードの中で最もコストパフォーマンスの良いものかもしれません。大企業では少し不向きな部分もあるかもしれませんが、個人事業主や中小企業ではポイントの還元なども相まってすぐに年会費以上の価値を見出してくれる法人カードであると考えられます。ETCカードの無料発行にも対応しており法人カードとして付帯されてほしいサービスは一通り網羅されていると考えられます。

・オリコ・エグゼクティブ ゴールド フォービズ
法人カードの中では年会費2000円と安いほうに分類されるものの一つでありコストパフォーマンスや維持費が安いものとなっています。VISAビジネスオファーといった法人カードとして嬉しいサービスも付帯されており年会費をはじめとした金額面を何よりも重視して入会するのであればお勧めの一枚となっています。法人カードの基礎的なサービスは問題なく網羅されており年会費が低いからサービスが不足しているというわけでもありません。

■人気が高い法人カードランキング

人気のあるものは、良い法人カードという証拠になります。
申込者が多い法人カードは、どのような法人カードなのでしょうか。
法人カード選びに迷ったら、人気ランキング上位のものを選びましょう!

人気法人カードランキング

ランキング1位
・EX Gold for Biz iD×QUICPay
ゴールドクラスの法人カードですが、年会費2,000円(税別)とコスパが高く人気です。
また審査に比較的通りやすいのも特徴。
人気ランキングでは1位と誇っている法人カードです。

ランキング2位
・JCB法人カード一般
スタンダードな法人カードとして、以前から人気が高いです。
いろいろな法人カードが出てくる中、ずっと人気ランキング上位になっているのはスゴイですね。
JCB法人カード一般は、ETCカードを発行手数料・年会費無料で複数枚発行できることがメリットです。
年会費は1,250円、追加カードも年会費1,250円です(税別)。

ランキング3位
・アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード
ステータスが高く、満足度が高い法人カードです。
プロテクションなどのサービスも多く、空港ラウンジ無料利用サービスは同伴者1名も無料となるのが特徴。
また審査が柔軟で、設立間もない経営者でも発行しやすいことでも人気があります。
ただ年会費が26,000円(税別)とやや高いことから、敬遠されることもあるようです。

ランキング4位
・セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード
プラチナクラスの法人カードでは、一番人気の法人カードです。
年会費は20,000円ですが、年間200万円以上の利用で翌年度は半額の10,000円になります(税別)。
プラチナ法人カードなのに格安の年会費で持つことが出来るのは魅力です。
またセゾンマイルクラブに登録をすると、JALマイルの還元率が1.0%に!
マイルがたまりやすい法人カードとしても、人気が高いです。

ランキング5位
・ライフカードビジネス
年会費無料ということで人気があります。
本カードだけでなく追加カードやETCカードなど、すべて年会費無料なので発行しやすいです。
法人カードで永年年会費無料というのは、ライフカードビジネスくらいですからね。
ただポイント還元がないのがデメリットと言えるでしょう。
ライフカードビジネスは、ポイントが全くたまらない法人カードです。
年間利用金額が少ない場合以外は、ポイントがたまる法人カードの方がお得になりそうです。