法人カードのメリットとは?

■キャンペーンを活用して法人カードに入会しよう

個人向けのクレジットカードと同様に法人カードについても入会キャンペーンを実施していることが多々あります。法人カードは1枚だけ発行するときから従業員の人数分数十枚や数百枚単位で発行することもありますので、何かしらのキャンペーンで入会金などが安くなれば経営面で大きな影響を受けることもあります。今回はそんな法人カードでも入会キャンペーンがあることに注目してどのようなキャンペーンを活用していくことがおすすめかを紹介していきましょう。

・年会費に関わるキャンペーンを活用する
冒頭でも述べましたが年会費に関わるキャンペーンは経営面に直結してきますので特に入会時には活用したいものとなっています。キャンペーンとしては大まかに分けて二種類あり、初年度の年会費が無料になる場合と入会時にボーナスポイントが付与される場合です。前者の場合は特典が大きいようにも見えますが、初年度無料のキャンペーンを実施している法人カードでは翌年度以降の年会費が高くなっていることも少なくありません。そのため長年使うのであれば長い目で見たときにしっかりのキャンペーン分の利益を享受できているのかを判断する必要があるでしょう。ただ、年会費の高い法人カードはそれだけ付帯されているサービスも充実したものとなっています。そういう面も考慮すると一概に年会費だけでは価値があるかないかを判断することは難しいでしょう。後者の場合は純粋にポイントが付与されたりキャッシュバックが発生するものです。入会した時点でキャッシュフローに影響を受けることになりますのでその点は注意が必要です。

・法人カード発行に関するキャンペーンを活用する
法人カードは複数枚の発行を必要とすることも少なくありません。そして発行枚数が増えてしまうとそれだけ発行手数料が必要となることも考えられます。そこで活用したいキャンペーンとしては発行枚数が増えても手数料が抑えられたり一定枚数までならば無料のキャンペーンでしょう。そして、キャンペーンは法人カードの発行に限らず入会時に同時に発行してもらうETCカードの発行にも適用されることもあります。例えば法人向けETCカードが無料で発行してもらえたり、手数料や年会費は必要となっても枚数が無制限で発行してもらえるキャンペーンなど使い所は多くあると思います。

法人カードのキャンペーンは種類としてはそこまで多くはありません。ですが、発行枚数が多くなると大きな差になってきますのでうまく活用するようにしましょう。

■個人事業主でも法人カードに入会できる

法人カードの印象としては大きな株式会社が加入しており、それを従業員が使用しているという印象かもしれません。確かにこれは間違いではなく法人カードの中でもコーポレートカードと呼ばれる部類のクレジットカードのことを指しているのでしょう。ですが、法人カードを利用できるのは必ずしもそんな多くな会社だけとは限りません。個人事業主でも法人カードが作れるのです。

最近の法人カードでは個人事業主でも入会が可能なものが増えてきました。その理由として考えられることの一つに、個人のお金と事業用資金はしっかりと分けて管理する必要性が世の中的に強まってきていることがあります。特に個人事業主は事業としてのお金と個人が所有する資産が混在されやすい状態となっています。そのため法人カードに入会してもらい、それを活用してもらうことによってキャッシュフローの適正化を図ってもらおうとしているんですね。クレジットカード会社からしても入会者が増えればそれだけ年会費も入るわけですしお互いに良い状態を保つことが出来ます。
また根本的な考えとして個人事業主が個人として所有しているクレジットカードでは事業用の決算が禁止されているということも理由にはあると思います。普段何気なく利用している分には問題が無いのですが、個人用のクレジットカードは事業に使うものの決算は本来は禁止されています。ですが、法人カードに入会してそのカードで決算することは各会社とも認められています。規約違反は強制退会などの可能性もありますので、個人事業主でも入会できる法人カードを作っておくことが望ましいでしょう。

個人事業主であれば発行される法人カードは1枚だけでも問題が無いと思います。中には従業員を雇っている方も居るとは思いますが、決算などの部分を主体的にするのは本人だと思いますし複数枚の法人カードは不要であるというのが私の考えです。法人カードの中には申込者本人のみに発行してもらうことが可能であり、家族カードのような従業員ようの法人カードは発行してくれないクレジットカード会社も多くあります。個人事業主であれば必要な枚数も1枚ですのでこういった心配も無く入会先を選ぶことが出来ます。

最近は個人事業主向けの法人カードとして全面に押し出してキャンペーンをしているような会社もあります。個人事業主でも選択肢は増えてきていますので十分に考えて入会してみてください。

■法人カードの審査は?入会までの道のり

法人カードであっても個人向けのクレジットカードと同様ににゅうかいするまでに審査の過程が存在しています。個人向けのものであれば審査は信用情報機関と呼ばれる外部機関にある程度任せている部分はあるのですが、法人カードの場合はどのようになっているのでしょうか。

法人カードの審査として以前は入会資格が与えられるのは会社が設立されてから概ね3年は経過しないといけないと言われていました。これは3年程会社を経営していればこれから先もしっかりとやっていけるかどうかの判断をしやすいからであるというのが理由でしょう。しかしながら最近ではこのような入会資格を審査の時に設けないクレジットカー会社も増えてきたため、しっかりと条件を確認して申込先を選べばここは入会時にはあまり気にしなくても良い時代にはなってきています。

それでは他に審査の過程においてどこが重視されるのでしょうか。設立からの期間が重要視されていないことを考慮すると一部の法人カードでは入会時にキャッシュフローについてはあまり審査されていないことが考えられます。
言い方は色々あるでしょうが入会時に特に重視されていると思われるのは会社が実在しているのか、きちんと事業活動をしているのかという点であると推測することができます。具体的に説明していきますとまず重要視されているのが会社専用のオフィスを借りているのかと固定の電話番号が設置されているかです。このどちらとも会社として社会的な信用を得るためには必須の項目であると思われます。何か仕事の問い合わせをするときに公開されているのが携帯電話の番号であったり、住所も本当にオフィスがあるのか分からないようなところだと大丈夫なのか疑ってしまいますよね。それと同じで法人カードの審査の過程においてもきちんと登記した内容が実在して企業活動をしているのかということが重要視されてきているようです。

また企業活動の証明としてWebサイトが設置されているのかも重要なポイントになってきているようです。Webサイトのアドレスの中には取得する過程においてその会社が実在することを証明しないといけないものがあります。全てのアドレスがこれに該当するわけではないですが、こういった外部からの審査によって裏付けされた証拠によって発行されるアドレスを使っていればそれだけ信用度合いも高まるということです。またWebサイトの内容は事業活動をしっかりと伝えるために作り込まれることが一般的です。そのためどのような事業を主軸としているのかを確かめるためにもWebサイトは審査の時に重要視されているような話も耳にしています。

■法人カード入会でのメリット

法人カードに入会することのメリットはいったいどこにあるのでしょうか。実はメリットは沢山あり紹介しはじめると書ききれないほどになってしまいます。そこで今回は私が法人カードに入会することで得られると思うメリットをいくつかピックアップしてそれに対して紹介をしていきます。ここに記載されている内容が全てではありませんが分かりやすく特にメリットだと感じるものを選択しています。

・支払いの区分が明確になる
株式会社であればこのようなことは少ないかもしれませんが、個人事業主であれば私費と公費の使い分けが難しい部分があります。それを解決するために法人カードに入会して会社として支払ったものは明確にしてあげることで会計をしやすくしてあげるのが一つ目のメリットです。また株式会社であれば使用状況を管理者がまとめて確認することもできます。これによって会社のお金が適切に利用されているのかを判断する業務も格段に簡略化することが可能です。直接的な法人カードのメリットではないですが、不要な業務が減るほど効率的な仕事が出来るはずです。 その結果とて残業代を減らすことが出来るなど会社としては法人カードの入会で総合的な経費の削減を実現することもできます。

・支払い漏れや経費の計上漏れが減る
最近は様々なものがクレジットカードで支払えるようになってきました。そのため会社で必要となる定常的な支払いを法人カードにまとめてあげることによって支払い漏れを無くすことが出来るメリットがあります。また支払い結果はまとめてクレジットカード会社から提供されますので、これをもとに経理を行えば支払ったものは確実に経費として計上することが可能となり漏れがなくなります。

・カードの付帯サービスが法人向けになっている
法人カードに入会しておくことで得られるメリットとして、各社が独自に提供している付帯サービスを活用できることも挙げられるでしょう。個人向けのクレジットカードであっても各社それぞれ独自のサービスを付帯する時代になってきました。さらにそれに加えて法人カードであっても付帯サービスを充実させようとする動きが出ています。会社として社員を守ってあげることは非常に重要な役割の一つなっています。しかしながら起こりうる全てのことを会社だけで賄うことは難しいのが現状です。そのため可能な部分は法人カードの付帯サービスとして賄ってもらえることもメリットの一つと考えることしましょう。

■法人カードに入会するとはどういうことか

法人カードなんて名前からか入会することをためらってしまいそうになる人も少なくないようです。ですが私が思うにはこのような方は法人カードについて詳しく理解されていないだけでしょう。法人カードと言えども入会してしまえば個人向けのクレジットカードと大きな差はありません。法人カードに入会する意味とそのメリットを正しく理解すればそんなに難しく考える必要もないということが分かってもらえるでしょう。

法人カードに入会するということはどういうことなのでしょうか。これはズバリそのままで法人向けのクレジットカードに加入するということです。クレジットカードには皆さんが普段使用している個人向けのクレジットカードと会社や個人事業主が使用する法人向けのクレジットカードの2種類が存在しています。法人カードはこの後者である法人が使用するクレジットカードのことを指しているだけなのです。

では、なぜこのようなクレジットカードが必要なのでしょうか。理由としては2つあります。
1つめは法人カードを利用して決算をすることによって会社がお金の出入りを簡単に理解することが出来るようになります。これは業務の簡略化のために重要なポイントとなっており、法人カードに入会するかたの多くはこの支払業務を簡略化することを目的とされています。また法人カードであれば支払いを会社として一つにまとめることが出来ることが普通です。支払い口座も法人用から個人名のものまで様々対応していることがあり法人としてクレジットカードに入会しても使い勝手が良いように考慮されています。
2つめはカードの付帯サービスを活用することです。個人向けのクレジットカードは個人の利用に関しては補償してくれていますが法人として利用するには補償が及ばないこともあります。ですが法人カードを発行して従業員に使用させていれば、業務に伴う問題が発生した場合にも法人としてクレジットカードに対応をお願いすることが可能となります。特に海外出張などがある会社では旅行傷害保険が付帯していることは大きなメリットですのでこういったものを目当てに入会される方も少なくはありません。

法人カードへの入会するということは基本的は個人向けのクレジットカードと変わらず身構えることもありません。法人カードへ入会することによるメリットは各社独自のサービスにもありますので、しっかりとそれらを理解して活用することが出来るかを考えてみてください。